恋人(こいびと)は、自らが恋愛関係にある者に対して用いる呼称。恋愛関係にある者同士を恋人同士などと呼ぶ場合もある。
「恋人」の呼称は恋愛関係が前提となる。一方的に愛している(片想い)相手に対しては使用しない。
また、すでに婚約関係にある場合には、通常「恋人」とは呼ばず(婚約をした相手は、「婚約者」「フィアンセ」「許婚」と呼ぶ)、
すでに相手と結婚している場合は、(どれほど恋しくても、通常は)「恋人」とは言わない。
(結婚した相手は「夫」「妻」などと呼ぶ)ただし、内縁関係(事実婚)の場合は「恋人」と呼ぶ事が無いわけではない。

男の恋人のことを「彼氏」または「彼」、女の恋人のことを「彼女」と呼ぶことは多い。
現代日本においては最もポピュラーな言い方である。
ただし若者の間では直接的な言い方であるとして避けられる傾向があり、「相方(あいかた)」と呼ぶことがある(男女とも)。
また、反対に親密さを確定的に表現するために、未婚であっても「旦那」(男性)、「嫁」「奥さん」(女性)と呼称することもある。

英語では恋愛関係にある相手を「ボーイフレンド(boyfriend)」や「ガールフレンド(girlfriend)」という
(日本語の「彼氏」「彼女」にほぼ相当。英語では、ただの友人に対しては、誤解を避けるために、boyfriend、girlfriendという語
を使わないことが多い。ただの友人のことは、ただfriendなどと呼び、"He is my friend."などと言うことが多い。)

日本人でも英語に慣れている人は、「ボーイフレンド」「ガールフレンド」を恋人の意味で使うことがある。多くの場合は、
「ボーイフレンド」「ガールフレンド」は、異性としての恋愛感情ではなく友情で結ばれた間柄、つまり単なる友人を指すこと
が多いようで、恋人未満であるというイメージがあり、英語と意味にずれがある。
英語では「ステディ(steady)」と言うこともある。この場合は他の異性と比較して恋人としての特別な関係である、
という意味合いが強い。ただし、日本語で用いることは多くない。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




看護師の仕事内容 リンパマッサージ 骨盤矯正 赤面症 克服 合コン 必勝法 記憶術 方法 復縁 方法 吃音 克服 摂食障害 過食症 妊娠したい

リンク集1 リンク集2



Copyright 2008 恋人について考えるサイト All Rights Reserved.